洋服のタグ をキレイに切る方法!肌触りが気になるからタグ はいらない

トップス、ボトムスをはじめとする衣服や、インナーウエアや下着にいたるまで、生地の説明や洗濯表示、その他製品の扱い方など、言わば衣類の説明書のような役割を担っている「タグ」。

でも、タグって、例えば首元にあったり、下着であれば直接肌に触れる部分にあることが多いですよね。

肌が弱い方、敏感な方はもちろんですが、普段そうでもない方でも、一度気になりだすと気になって「チクチクする」「かゆいーっ」「イライラする」と思わず取りたくなっちゃうことありますよね。

私の娘もタグが嫌いで、必ず「これ切って!」と言ってきます。

ここでは、洋服のタグ をキレイに切る方法、下着など直接肌に触れるような衣服のタグは切っても問題ないのか、もし切るとするなら何を使えばきれいに切り取ることができるのかを、お話致します。

タグをキレイに切るにはこれ

タグ付けに工夫をしているブランドの製品を選ぶのも手ですが、まだまだ数も少ないですし、お値段も張る場合が多いです。

そこでもし、やっぱりタグが気になるから切ろう!となった場合、失敗せずきれいに切り取りたいですよね。

ここでは、できるだけきれいに取るための方法を紹介致します。

・タグが本体と別の糸で縫われている場合

タグの部分にのみミシンがかけてあるので、その糸を切ってしまっても問題ないです。

この場合は、「リッパ―」という、縫い目の糸を切るための裁縫道具を使うと、細かい縫い目に対しても対応でききれいに糸(縫い目)を切ることに成功します。

・本体と同じ糸で縫われている場合

こちらはかなりやっかいです。

タグの糸を切ったつもりでも、本体の縫い合わせの糸ももれなく一緒に切ってしまう場合が多いからです。

もしチャレンジする場合は、眉毛ハサミなど先端が細い物を使いましょう。

ちなみに、私も何回かやったことがあります。。

失敗した時は、泣く泣く再縫い合わせを行いました。

大げさかもしれませんが、少し覚悟がいります。

以上のように、まずタグがどのうように縫い付けられているか見極めるところから必要です。

ココ見誤うと後の祭りです。。。

もしタグは切りたくないけど、当たりが気になるという場合は、タグの角をカットして丸くするという手もあります。

女性でも意見が分かれる、ブラジャーなど下着のタグ は切る?

例えば、Tシャツやブラウス、ズボンのような衣服の場合、肌に当たったり、透けたり、またはタグが飛び出て外から丸見えだったりなど、様々な理由でタグを切ろうと思い立つ方もいるかもしれません。

このような場合、タグを切ることで起こりうるデメリットは、

・洗濯表示や扱い方の注意が分からなくなる

→万が一、クリーニングに出す時に断られる可能性あり。

・切り方が悪いと、衣服も一緒に穴が開いてしまう場合もある。

では、ブラジャーやショーツなどの下着の場合はどうでしょう。

こちらに関しては、個々で意見が分かれやすいと思います。

ブラジャーって、個人差はあると思いますが締め付けられてる感じもあり、つけるの自体ストレス!という方も多いと思います。

そこに合わせて、タグ問題。気になる方はなりますよね。

では、下着の場合も容易にタグを切ってしまおうと思えるかというと、そうではありません。

下着はかなりデリケートな素材で作られている場合が多く、最初に挙げた衣服の例でもあるようにタグを切ろうとして一緒に生地を切ってしまったり、本体の縫製自体を一緒に切ってしまいほどけたり、、といった問題が起こりやすくなるからです。

また、それを避けるためにタグの端から少し離れたところで切り取ると、逆に切り端が当たって痛かったりかゆかったりという問題も起こりうります。

下着をクリーニングに出すことはないと思うので、その点は大丈夫かと思います。

下着のタグ問題に対して、一部のブランドでは、タグが生地の内側にもぐりこませてあったり、赤ちゃんの肌着によくみられるように、敢えて外側にタグがついていたり、または生地自体に洗濯表示等がプリントされてあったりと、様々な工夫がされているものもあります。

敏感肌な方や、気になる方は、そういった製品を選ぶのも一つの手かもしれません。

まとめ

衣服にしろ下着にしろ、毎日着るものだからこそできるだけ快適に着たいですよね。

たかがタグ、されどタグ。

皆さんがそれぞれに適した対応で、快適なウェアライフが送れますように。

少しでもお役に立てたら幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。