くらし

ケープは飛行機に持ち込みOK?ピーチやスカイマークの規則は?

飛行機に乗る際に気になることの一つに、荷物の持ち込み制限があるかと思います。

その中でも、スプレー類は化粧品関係から医療品など様々なタイプのものがあり、しかも人によっては需要度が高い場合もあるかと思います。

 

例えば、ヘアアイテムの一つであるケープ。

これは、機内に持ち込み可能でしょうか?

 

 

正解は、可能です。

 

正確に言えば、細かい制限はつくのですがそれは以下で説明していこうと思います。

 

 

ここでは、

「飛行機にケープは?ピーチやスカイマークの規則」

「ケープが飛行機で爆発?」

「日焼け止めスプレーやヘアスプレー、飛行機持ち込みOKなアイテム」

について、お話していきたいと思います。

 

飛行機にケープは?ピーチやスカイマークの規則

 

冒頭文で書いたように、ケープなどヘアスプレー類の機内持ち込みは可能です。

 

ただし、次のような制限がつきます。

 

例えば、ピーチやスカイマークでは

「1容器あたり0.5L/0.5kg、一人あたり2L/2kgまで」

という決まりがあります。

 

その他、中身が漏れないようにキャップなどでしっかり保護しておく必要があります。

 

また、国際線の場合は、スプレーも液体類と同じ基準が適応されるので、1本あたり100ml/100g以下の透明な容器に入れておく必要があります。

 

詳細は、利用する航空会社に確認しておくと確実だと思います。

 

ケープが飛行機で爆発?うわさの真相

 

よくスプレー類は機内に持ち込むと気圧の関係で破裂し爆発してしまうのではないかと心配する人もおられるようですが、上記で示した容量を守っていれば爆発の心配はありません。

 

ただ、一言にスプレーといっても、種類は様々ですよね。

 

スプレーの種類によっては持ち込み不可なものもありますので注意して下さい。

 

 

持ち込み不可なのは高圧

では、機内持ち込み不可なスプレーとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

それは、高圧スプレーと言われるものです。

 

例えば、

・キャンプ用ガスボンベ

・ライター用補充ガス

・カセットコンロ用ガス

などがそれに当てはまります。

 

高圧である以外にも、引火性の見られるスプレーももちろん落ち込み不可となります。

 

日焼け止めスプレーやヘアスプレー、飛行機に持ち込みOKなアイテム

 

では、機内持ち込み可能なスプレーにはどのようなものがあるか見ていきましょう。

 

・ヘアスプレー類

・日焼け止めスプレー

・制汗、清涼、冷却スプレー

・虫よけスプレー

・花粉ガードスプレー

・殺菌、消毒スプレー

 

調べてみると、それ持ち込み可能だったんだと気づかされるものもありました。

 

反対に、日常的に使用しているスプレー類でも引火性のものであったりして、持ち込み不可なものもありました。

 

荷造りの際は、やはり丁寧に注意して見ていく必要がありそうですね。

 

まとめ

ここでは、機内持ち込み可能なスプレーについてお話してきました。

 

・ケープなど、ヘアスプレー類は容量の制限はあるものの持ち込み可能。

・高圧スプレーでない限り、破裂し爆発することはない。

・高圧スプレー、引火性の高いスプレー類は機内持ち込み禁止。

 

不明な点は、各航空会社にお問い合わせくださいね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました

-くらし

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.