ぬいぐるみ洗い方

【2021】ぬいぐるみの乾かし方を徹底解説

ぬいぐるみの乾かし方を、大事なポイントを抑えながら徹底解説していきます。

 

大切な思い出がたくさんつまってるぬいぐるみ。

 

きれいな状態にしておきたいですよね。

 

形をたもって、ふわふわになるぬいぐるみの乾かし方、最後までごらんください

 

  

ぬいぐるみの乾かし方を徹底解説

 

 

まずは、乾かすまでに必要なポイントからご紹介です!

洗ったぬいぐるみを乾かす前にまず大事なことが3つあります。

 

優しく脱水

形を整える

毛並みをととのえる

1つずつみていきましょう。

 

やさしく脱水

 

ぬいぐるみを洗濯したら、タオルにくるんで、洗濯ネットにいれます。

 

そして手洗い(ドライ)コースで脱水をかけましょう!

 

タオルにくるみ、洗濯ネットにいれることで、ぬいぐるみがいたみにくくなって、乾きやすくなります。

 

 

形をととのえる

 

乾いたあとの形がくずれてしまわないようにする大切な作業です。

 

洗濯機から取りだしたら、ていねいに形をととのえてあげましょう。

 

 

毛並みをととのえる

 

ぬいぐるみの毛の流れと逆に、ブラッシングしてあげましょう。

 

この行程をいれることで、ふわふわのぬいぐるみになります。

 

さぁ、これで乾かす準備はバッチリです!

 

では、乾かし方を見ていきましょう!

 

ぬいぐるみの乾かし方はポイントを抑えておけば大丈夫

 

 

乾かし方のポイントは2つです。

 

日かげ干しと、干し方です!

 

日かげ干し

 

ひなたの方がよく乾くので、その方がいいのでは、、、

 

と思ってしまいがちですが、実はひなた干しは、ぬいぐるみの変色の原因になってしまします。

 

日かげに干してあげましょう。

 

干し方

 

干し方は2とおりがおすすめです!

 

平干し

 

平干し専用のネットも売っているので、そちらでもいいです。

 

なければ、洗濯ハンガーの上など、風とおしのいいところに置いておきましょう。

 

平干しは、ぬいぐるみの形がくずれにくいですよ!

 

洗濯ネットをつかう

 

洗濯のときにつかうネットにぬいぐるみをいれて、ネットを洗濯ハンガーにぶら下げて干します。

 

この方法は、とてもよく乾きます!

 

では、次は注意したいポイントを見ていきましょう!

 

乾かす時に注意したいポイント

乾かし方に大事なポイントがあるように、「これやっちゃうとダメだよ〜」というポイントも2つあります。

 

ぬいぐるみを乾かすとき、洗濯ピンチに直接はさんで干すのはNG!

ピンチにはさむ場合はぬいぐるみを洗濯ネットにいれて、ネットをピンチではさみましょう。

 

ぬいぐるみにピンチのあとがついてしまいます。

 

 

大型のぬいぐるみを乾かすのは暑い季節に

大型のぬいぐるみは夏に干しても1日で乾かないことがあります。というか、まず乾きません笑

 

ですので、クーラーや扇風機、除湿機のあたりやすいところに洗濯ネットにいれたぬいぐるみをぶら下げておくのもいいでしょう。

 

そして、風のあたる面を入れかえてあげましょう。

 

浴室乾燥機がある場合は、そこで乾かすのもおすすめです!

 

まとめ

ではおさらいです。

ぬいぐるみをきれいに洗ったら、乾かす前にまず

1・タオルに包んでネットにイン!やさしく脱水する

2・形をきれいにととのえる

3・毛並みもブラシで整えておく←これ大事

 

そして、乾かすときは

1・直射日光があたらないように陰干し

2・風があたる場所がよい

3・たまに向きをかえてあげる

 

注意すること!

・直接ピンチではさんでつるすのはNG(あとがついちゃうよー)

・大きなものは夏場に洗う

 

以上です!

 

かわいくて大切なぬいぐるみたち。

 

ぜひきれいにしてあげてください!

 

 

-ぬいぐるみ洗い方
-

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.