くらし

ぬいぐるみのダニ対策は洗濯?ファブリーズ?ダニ退治の方法を解説

お子さんをはじめ、大人の方でも、自分のお気に入りの

ぬいぐるみがあるかもしれませんね。

 

特に小さな子供の場合、お気に入りのぬいぐるみは

いつでもどこでも肌身離さず一緒!

なんて子もいるかもしれません。

 

そんな、かわいらしいぬいぐるみですが、

実は、ダニの溜り場になりやすいのです。

 

放っておくと、ダニに噛まれたり、ダニアレルギーを

発症するリスクもあるのです。

ここでは、ダニ対策について紹介していきたいと思います。

 

ぬいぐるみを洗濯したらダニは死ぬ?

ぬいぐるみを洗濯したらダニは死ぬ?

5~8月がダニのシーズン?!

ダニって、どんな条件で繁殖しやすいのでしょうか?

実は、温度、湿度、餌、潜伏場所、の4つの条件下で

最も繁殖しやすいと言われています。

 

餌は、ヒトの垢やフケを好みます。

潜伏場所は、畳、布団などに潜り込み

卵を産んで増殖していきます。

 

温度は20~30度、湿度は60%以上で、

繁殖しやすいと言われており、

日本の梅雨から夏(5月~8月頃)にかけてが、

ダニの繁殖シーズンなのです。

シーズンに入る前に、しっかり対策をしておきたいですね。

 

洗濯はダニを退治できる?ファブリーズは?

上記で示しましたダニが繁殖しやすい条件が、

残念ながらぬいぐるみに当てはまってしまいます。

 

ぬいぐるみは、ホコリや手垢などはもちろん、

赤ちゃんが使っていると唾液もつきますし、

実は目に見ない雑菌でいっぱいです。

 

 

では、どのようにダニを退治していけばいいでしょうか。

まず思つくのは洗濯です。

実は、ただ洗濯機や手洗いで洗うだけでは、

ダニの糞や死骸を落とすことはできても、

ダニを死滅させることはできないのです。


ポイントは、洗濯する前に、

「60度以上の熱湯をかける」

「スチームアイロンを当てる」

などして、50度以上の熱を加えることです。

こうして、ダニを死滅させた後であれば、

洗濯にて洗い流すことが可能になります。

 

では、もしそのぬいぐるみが水洗い禁止だったら

どうしたらいいでしょうか?

 

活躍しそうなのは、ファブリーズなどの除菌消臭スプレーです。

「除菌」とあるからには、ダニを退治してくれそうですよね。

 

ですが、、実は、これらのスプレーに

ダニの糞や死骸を除去したり、ましてや死滅させる効果は

ありません!

 

これらのスプレーはあくまで、

「雑菌の除去」と「消臭効果」なのです。

ただ、ダニが好む雑菌を未然に少しでも防げるという

観点から、増殖の予防策としては有効かもしれません。

 

乾燥機やドライヤーでダニを退治するには

乾燥機やドライヤーでダニを退治するには

上記では、「洗う」という観点から、ダニ退治のお話をしてきました。

次に、「加熱乾燥」という観点からの対策をお話します。

先ほど書きましたように、ダニは高温(50度以上)に弱いのです。

そこで、思いつくのが乾燥機やドライヤーです。

 

まず、乾燥機ですが、特にコインランドリーの乾燥機は、

80度以上の熱が出るので、ダニを死滅させることができます。

また、乾燥機内でダニがそこかに潜り込むことが難しいため、

ほぼ確実に死滅させることができ、効果的です。

 

しかし、お気に入りのぬいぐるみだと、型崩れやパーツが

外れてしまうなどのリスクを伴います。

 

次にドライヤーはどうでしょう。

一般的なドライヤーの平均温度は、100~120度と

なっていますので、ダニを死滅させることができます。

 

しかし、それは表面上にいるダニにのみ有効で、

中に潜り込んでしまったダニに対しては熱が届かず、

十分な効果が期待できません。

 

ぬいぐるみは、厚みがあるものが多いと思いますし、

また高温すぎてパーツなどを溶かしてしまう可能性もあるので、

ドライヤーは手軽ですが適していないと言えるでしょう。

 

 まとめ

ぬいぐるみのダニを死滅させる方法についてお話してきました。

結論から言いますと、

 

・洗濯だけでは、ダニは死滅しない。

→事前に50度以上の熱を加えて、死滅させておく必要がある。

 

・ファブリーズ等の除菌消臭スプレーに、ダニを死滅させたり、

糞や死骸を除去する効果はない。

→ダニの増殖予防策としては効果ありかも。

 

・乾燥機

→死滅させる効果はあるが、ぬいぐるみを傷める可能性あり。

・ドライヤー

→表面上のダニを死滅させることはできるが、厚みのある

ぬいぐるみには向いてなさそう。

 

これらのことを踏まえますと、どれか一つの策で解決できる

問題ではなく、方法を組み合わせて、

「死滅させる」「洗い流しきれいにする」「予防する」

といった3段階の対策が必要となりそうです。

 

これから迎えるダニシーズンに対して、ばっちり対策をし、

大切なぬいぐるみを清潔に保っていきたいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

-くらし
-

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.