くらし

ピアスが膿んだら?ピアスホールが化膿したらすること

ピアスが膿んだらどうしたらいい?というお話。

 

開けたままでちゃんとお手入れしないと膿んで炎症を起こして痛みが出たり、いつまで経ってもピアスホールが完成しないということも。

 

ここではピアスホールが化膿したときの対処法について、詳しく紹介していきます。

 

ピアスの膿、こんな様子の時は病院へ

最初に、膿の原因について簡単にお話します。

 

そもそもホールといっても、

人体に穴をあけているわけなので、

傷口と考えていいわけです。

 

従って、そこにばい菌(細菌)が入り

細菌感染すると、化膿したり

しこりができたりといったトラブルが起きるのです。

 

なので、ホールをあけた後、

状態が落ち着くまでは

毎日消毒するように言われると思います。

 

汚い手で触ったりするものも厳禁です。

第一に、膿を出さない予防として、

ホールを清潔に保つことが大切です。

 

しかし、色々気を付けていても

膿んでしまうこともあるかもしれません。

 

元々、皮膚が弱い方や、

免疫力が落ちている時などは要注意です。

 

もし膿んでしまったら、まずは

清潔な水やぬるま湯でしっかりきれいに洗い、膿が出せるのであれば洗い流します。

 

出せないときは無理に出そうとしない方がいいです。

または、抗生物質入りの軟膏を塗るのも一つの方法です。

薬局などで手に入りますが、できれば

薬剤師さんに相談する方がいいですよ。

 

そして、自己対処では改善が見られず、

以下のような症状が見られる場合は、

早目に病院を受診しましょう。

 

・どんどん悪化してきている。痛みや腫れを伴う。

・しこりのようなものがあり、痛みがある。

・ホールを中心に、熱感がある。

 

放っておくと、

さらに悪化し治りも悪くなりますし、

しこりが残ったり、

もしくはホールが完成しないで

つぶれてしまう可能性もあるので、

受診をされることをオススメします。

 

ちなみに、受診する際は皮膚科に問い合わせをしましょう。

ピアスホールの化膿に自宅でできるホットソークとは

実は自宅でできる対処法として、

「ホットソーク」 という方法があるんです。

 

ホットソーク(hot soak)は、

hot=温かい、soak=浸かる

という意味で、

 

塩を溶かしたお湯に、患部を浸して治療する、という方法です。

 

化膿や腫れだけでなく

普段のホールのケアとしても使えます。

準備するものは、

・塩(食塩より海水のみのものが良い)

・温かいお湯(やけどに注意)

・患部を浸らせられる程度の器

・カーゼなど

です。

 

次に、方法を説明致します。

1.器にお湯と塩を混ぜて溶かしていきます。

濃度は濃すぎないようにして下さい。

 

2.ピアスはつけたままで大丈夫なので、

患部がしっかり浸るようにし、

5~10分温めていきます。

 

3.最後に、シャワーなどできれいに塩分を洗い流します。

 

ホットソークが化膿や炎症反応に

効果がある理由としては、

ミネラルによる浄化作用や、

 

塩水を体内の濃度と近づけることによって

浸透圧を利用し痛みや刺激を和らげることが期待できます。

 

また、温めることで新陳代謝が活発になり

傷口を回復させる力を高めてくれると考えれています。

 

新陳代謝が活発な赤ちゃんや子供は

怪我をしても治りが早いですよね。

これと同じような感覚です。

 

自宅で簡単に行えるホットソークですが

逆に患部が悪化してしまった場合などは

すぐに中止して病院を受診されてくださいね。

まとめ

ピアスホールが膿んでしまった場合の、

セルフケアの方法や病院受診のタイミングについて

お話してきました。

 

まず、化膿させないことが大切なので、

ホールが安定するまでは、

清潔に保つこと、汚い手で触らないこと

を心掛けたいですね。

 

ホットソークにご興味がある方は

様子を見ながら一度お試しされてみてくださいね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

-くらし
-

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.