くらし

紙コップや紙皿も電子レンジOK?使える使えないの見分け方

とっても便利な家電、電子レンジ。

日々の料理には欠かせない存在ですよね。

私も毎日使っています。

でも、電子レンジには使える容器と

使えない容器がありますよね。

 

使えない容器として、

紙皿や紙コップも含まれますが、

実は、電子レンジにも対応している

紙皿や紙コップも存在するんです!

 

そんな優れた紙皿や紙コップについて、

なぜ使えるのかという点と

もし仮に対応不可のものを

使ってしまった場合どうなるのか

 

といった点に的を当てて、

お話していきたいと思います。

電子レンジ対応かどうか、買う前に確認

電子レンジ紙コップ

そもそも、なぜ紙皿や紙コップは不可なのか?

どうして、紙皿や紙コップは

電子レンジで使えないと思いますか?

 

私はイメージで、紙だから

レンジの熱で燃えてしまいそう、

と思っていました。

 

実は燃える可能性があるのは、

「紙」ではなく

紙にコーティングされている

ポリエチレン」という物質なんです。

 

これは、容器の中身が紙に染み出さないように

コーティングする役目があります。

 

では、ポリエチレンに熱が加わると

どうなるのでしょうか。

 

・燃える→

それが紙に引火すると

火事の原因にもなりえますし、

とても危険です。

 

・中身に溶けだす→

なんだか体に悪そう、

という雰囲気がありますが

 

実はポリエチレンは

水素と炭素でできており

 

仮に体内に入ってしまっても、人体に

吸収されずに体外に排出されるので

無害なのです。

 

人体に無害ですが、

コーティングが溶けることによって

中身が漏れたりする可能性があります。

 

つまり、ポリエチレンと

子レンジの熱の相性が悪いのが、

従来の紙皿や紙コップが

電子レンジで使えない大きな理由です。

電子レンジ対応と不可能なものの見分け方

上記で述べたように、要するに

ポリエチレンコーティングされていない物

であれば電子レンジで使えそうですよね。

 

でも電子レンジ対応商品をお探しの時は

必ず、「電子レンジ対応可」と

書かれているものを選んでください。

 

また、ご自身で材質をチェックしておくのも良いでしょう。

 

ここで注意しておきたいのは、

断熱紙コップというものも存在するのですが、

こちらはあくまでも熱に強い

熱くなりにくい(熱いものを注いだ時も、

外側まで熱が伝わりにくい)というもので

電子レンジで使えるわけではないので

お間違いがないようにお気を付けください。

 

電子レンジ対応じゃない紙コップをレンチンしたらどうなる?

電子レンジ対応じゃない紙コップをレンチンしたらどうなる

電子レンジに対応していない紙コップを

電子レンジで使用してしまった場合は

どうなるのでしょうか。

 

一番の問題は、上記で述べたように、

ポリエチレンが溶けることです。

そのことによって、燃える可能性以外にも、

 

・紙コップの中身が漏れだしたり

飛び出したりして、取り出す際に

やけどをする可能性がある。

 

・コーティングが取れることによって

コップ自体の強度が弱まり、

ふにゃふにゃになる可能性がある。

 

といったことも考えられます。


ちなみに、熱い飲み物を長時間

紙コップに入れていると同様にコップが

ふにゃふにゃになることがあります。

 

電子レンジ不可の紙コップを

誤ってレンジで使用すると、

なんらかの問題は起こりそうですよね。

 

もし、使いたいコップが

対応しているかどうか分からなかったら、

やはり耐熱容器に移しかえて温める方が無難そうです。

まとめ

電子レンジ対応している紙皿や

紙コップについてお話してきました。

 

最近では、100均でも手に入るようになり、

より身近な物になってきましたね。

 

紙皿や紙コップを電子レンジで使う際は

電子レンジ対応製品かどうかを確認して

正しい使い方で安全に使いましょう。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

-くらし
-

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.