遊び・ゲーム

マジョリティゲーム(多数決ゲーム)盛り上がるお題集![2021]

マジョリティゲーム、多数決ゲームというほうが、聞き馴染みがあるかもしれません。

 

自分では「これなら多数だ!」と思っていても、少数派だったりするんですよね。

 

今回はマジョリティゲームの

・おすすめのお題

・ルールをおさらい

・少数決ゲームっていうのもある

についてお話ししたいと思います。

 

マジョリティゲーム(多数決ゲーム)のルールをおさらい

マジョリティゲーム(多数決ゲーム)のルールをおさらい

 

「マジョリティゲーム」は、別名「多数決ゲーム」とも言います。

 

そう、要するに『多数決をするゲーム』です。

 

さらっとルールをおさらいしてみますね。

 

≪ 遊び方 ≫

 

①1番目にお題を出す人を決める

 

②お題を出題!

(例:「おにぎりの具は梅干しだと思う人」)

 

③全員目をつむり、手を挙げて多数決をとる

この時、目を開いちゃダメですよ!

(例:「梅干しだと思う人は手を挙げて」

 

④手を挙げたまま、目を開けます。

 

⑤手を挙げている人数を確認して

多数派→勝ち

少数派→負け

 

⑥次の人に出題順を回して②~⑤を最後の順番の人まで続けます。

 

 

≪ ルール ≫

 

・参加人数は3人以上

→多数決が成立する人数が必要です。

 

・答えは真実でなくてもいい

→多数派に入ることがゲーム趣旨なので、必ずしも真実でなくても大丈夫!

 

・もし挙手制に不安がある場合

→投票制でもできますよ。

あと、2色のカードを使ってどちらか1色を挙げてもらうのもあります。

(例 「YES」:赤  「NO」:青)

 

・全員の答えが一致した場合

→ドロー(引き分け)または、出題者の負け

どちらにするかは、事前に話し合って決めてください。

 

ざっと、こんな感じですね。

 

地域や年代差で多少、ルールなどにズレがあると思うので参考にしてみてください。

 

 

 

マジョリティゲームのおすすめお題

マジョリティゲームのおすすめお題

 

マジョリティゲームのような遊びは、お題が大切!

 

ゲームとして成立するには、多数決が微妙に偏らないところを狙って出題したいですよね。

 

王道から微妙なとこまで、お題をあげてみます。

 

 

≪ YES/NOで答える ≫

 

・生まれ変わるなら男性がいい

 

・赤い車といえば消防車

 

・おにぎりの具といえば梅干し

 

・全財産と引き換えにドラえもんが欲しい

 

・日本昔話しといえば一寸法師

 

 

≪ A/Bで答える ≫

 

・遊びに行くなら

A東京ディズニーランド

Bユニバーサルスタジオジャパン

 

・もし今ケーキを食べるなら

Aモンブラン

Bマンゴーショートケーキ

 

・無人島にナイフ以外に持っていくなら

A釣りざお

B火をおこす道具

 

・旅行に行くとしたら

A宮城県

B福岡県

 

・おにぎりの具といえば

Aサケ

B昆布

 

 

選択肢などは、それぞれ好きに変えられるのでアレンジしてみてくださいね。

 

そう、それこそ「えっ?これみんなどっちだろ」とか、「パッと見て、どっちが多いかわかんない…」

とかなってほしいのが狙いです。

 

なにせ必ずしも真実を答える必要はなくて、あくまでゲームとして多数派になる方を選ぶのがゲームの趣旨!

 

あえて王道のお題とか、微妙なラインをついてくるお題でみんなで楽しんでください♪

 

 

 

少数決ゲームというのもある

少数決ゲームというのもある

 

多数決ゲームがあるなら少数決ゲームもあります!

 

ルールは、多数決ゲームと基本的には同じです。

 

お題も同じものが使えます✰

 

ただしこちらは、『少数派になれば勝ち』という決定的な違いがあるんです。

 

勝利条件は多数決ゲームとは真逆ってことですね。

 

 

じつはこの少数決ゲーム、ある漫画にでてきます。

 

集英社の少年ヤングジャンプで連載されていた『LIAR GAME』(作 甲斐谷忍)にでてきます。

 

私は、ドラマ版を先に知って漫画はあとから読みました。

 

LIAR GAME中の少数決ゲームでは、票決の取り方は公平性重視で投票制。

 

シンキングタイムが長かったですね。

 

一攫千金を狙う真剣勝負ですし、心理戦をさせるためにも必要だったんだろうと思います。

 

私たちがゲームをするときは最高3~5分位でいいかな。

 

少数派にならないといけないので、多数決より難易度はグッと上がります。

 

多数決ゲームだとマンネリっていうときは、ぜひやってみてくださいね。

 


 

まとめ

 

多数決ゲームは、お題にたいして『多数派になる』ゲームです。

 

お題は難しく考えなくて大丈夫!

 

例えば

  • おにぎりの具と言えば、梅干しである
  • 今、ケーキを食べるなら・・・A ショートケーキ / B モンブラン

みたいな感じです。

 

少数決ゲームというのもあって、『少数派になるゲーム』です。

 

LIAR GAMEという漫画にもでてくるんですよ。

 

 

どうでしょう?

 

さらっとお話したことをまとめてみました!

 

多数決ゲームも少数決ゲームも以心伝心ゲーム要素がありますよね。

 

「このメンツなら、こっちが多数派かなぁ」とか、考えたりして以心伝心みたいな♪

 

単純なゲームだけど、盛り上がりますよね。

 

ホワイトボードや紙に書いて、一斉にあげれば、オンラインでもできるのでオンライン飲み会のゲームにもいいかもしれませんね。

 

多数決ゲームをするときの参考になったら嬉しいです。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

-遊び・ゲーム

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.