くらし

ご飯作りたくない病の主婦におすすめ!手抜き晩御飯メニュー

ご飯作りたくない病の主婦

「もう今日は、晩御飯作るのしんどい…」

「何作っていいかわかんない。メニューどうしよう…」

 

そんなことありませんか?

 

私はそんなご飯作りたくない病になることがあります。

 

仕事だったり、行事だったり…。

その日忙しくて、もうヘトヘトでここから鞭打って晩御飯作るとかムリだし。

 

何作っていいかわかんなくなることもあります。

 

 

今回はそんな

・ご飯作りたくないときにおススメのメニュー

・ご飯作りたくない病の処方箋

についてお話します!

ご飯作りたくない病のときのおすすめメニュー

 

ご飯を作りたくない時は、できるだけ火を使わない料理、フライパン1つで終わる料理などがいいですよね。

 

いくつかご紹介します。

 

  • 麺類

麺つゆやパスタソースで味付けが簡単にできます。

ちょっと気力がある時は焼きそば!

卵をオムレツや目玉焼きにしてのせればひと手間加わって見栄えがいいです。

 

究極は、流水麺とサラダミックスを買います。

水で麺をほぐし、サラダを同じ皿に盛り付け麺つゆをかければ出来上がり!

火も使わず洗いものが最小限で済みます。

 

 

スーパーなどで、出来合いのお惣菜+αで簡単に手がこんだようなものが作れますよ♪

 

とんかつ+卵 →かつ丼

とんかつ+千切りキャベツ →ソースかつ丼

唐揚げ+甘酢あん(市販合わせ調味料) →唐揚げ丼

お刺身    →海鮮丼

豆腐+市販合わせ調味料 →マーボー丼

てんぷら+麺つゆ →天丼(※鍋で煮立てなくてもOKですよ。)

 

唐揚げ丼は一緒にサラダを盛りつければ、サラダ用のお皿が不要です!

海鮮丼も、山芋を擦ったりすれば海鮮やまかけ丼ができます。

 

ご飯作りたくない病のときなどに、試してみてくださいね。

 

 

 

ご飯作りたくない病の主婦の処方箋

 

「ご飯作りたくない病への処方箋あるなら、ぜひとも処方箋をもらいたい!」

と思います。

 

なので、処方箋も主婦の方のお悩みに合わせて処方してみますね。

 

 

1週間分の献立を書いてみる

ご飯作りたくない病の原因「毎日の献立決め」についてです。

 

やっぱりメニューって日ごとに考えるのって辛いです。

1日頭を使った後に、さらにメニュー決めるって本当にしんどい…。

 

そこで「1週間分の献立を書いてみる」というお薬を処方します!

 

これは、毎日の献立決めがつらいなら、あらかじめ献立を決めておこうという処方箋ですね。

1週間丸ごと決めるのが難しい場合、前後半に分けて考えてみてください。

 

私も1週間分を決める時と、そうじゃない時とを予定次第で変えています。

 

さて、献立決めの方法です。

まず、冷蔵庫のストックと自分の気分で1週間の大まかな献立を決めます。

例えば、

月曜日→肉

火曜日→魚

水曜日→手抜き   など

 

こんな感じの大まかさです。

そこから、冷蔵庫ストックと自分の気分で具体的にメニューを決め、チラシを見て材料を買いたします。

 

または、食べたい献立を先行で考え、冷蔵庫のストックで代用できるものはして、代えがきかないものは買いたします。

 

日持ちのしない食材でなければ、献立を考えた時にまとめて買うので、お迎えや仕事帰りに買い物に行かなくてすみますよ!

 

 

野菜を切る時はまとめてカットして冷凍

ご飯作りたくない病の原因「野菜のカット」についてです。

 

ハプニングで遅くなってしまった時など、「野菜を切ってる時間を短縮したい!」と言うときの処方箋ですね。

 

我が家もカット野菜のストックがあります。

 

小松菜、ネギ、とうもろこしが常備されてます。

夏の期間限定で、ゴーヤも入ることがありますね。

 

友達は、もやしと茄子も冷凍していると言ってました。

 

また、しめじなどのキノコ類もミックスして保存袋に入れて冷凍しておくと、洋風と和風両方で使えるので便利です!

 

ここで、カットした野菜を冷凍する時の注意点✰

 

①ゆっくりと風味が落ちてくるので、目安としては1ヶ月以内に使いきってください。

②保存する袋は未使用品の清潔な物をなるべく使う。

③食べごろの新鮮なものがおススメ

 

野菜を買ったけど、今日中に使いきれない時はそのままカットしきって冷凍しちゃいましょう!

 

 

何も作りたくない時用のレンチン惣菜をおいておく

 

何も作りたくない病の原因「切ることも、火を使うのもイヤ」というときについてです。

 

そんな時の救世主、「レンチン惣菜」を処方します。

 

市販のレンチン惣菜も多くなってきましたよね。便利な世の中になりました!

 

我が家の市販のレンチン惣菜としては、

ピラフ

肉団子

きんぴらやひじき煮 など

 

あとたまに、唐揚げやハンバーグもありますね。

ハンバーグは、チーズハンバーグや煮込みハンバーグとか簡単にアレンジできるので便利です。

 

あと最近レンチン惣菜としてスーパーでも売り出してますが、「生から惣菜」というお惣菜があるんです。

 

耐熱性の高い容器に入っているので、そのままレンチンして食卓にだせるお惣菜も流行りつつあります。

 

この「生から惣菜」は正直家でもすぐにできます。

電子レンジ可の保存容器に材料とタレをいれて、電子レンジであっためると同じようにできるので、おススメです。

 

 

まとめ

 

 

ご飯を作りたくない病について、お話しました。

 

ご飯作りは毎日のことだから、ご飯作りたくない病に主婦がなるのはわかります。

 

麺や市販のお惣菜にひと手間加えた簡単にできる料理もあるので、できる手抜きはやった方がいいです。

 

あと、レンチン惣菜も市販品だったり作り置きだったりでいいので置いておくと、やっぱりいざっていう時に使えます。

 

 

あと、私は浅漬けか三五八漬などの簡単なお漬物も作ってストックしています。

 

これだと、ご飯の時に出せば立派な野菜のおかずなのでおススメです♪

 

こうやって手を抜けることは抜いたり、献立をあらかじめ考えたりして、ご飯作りたくない病とうまく付き合っていきましょう。

 

ご飯作りたくない時のお役にたてたら嬉しいです。

 

お読みいただきありがとうございました。

-くらし

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.