佐川の代引き・着払いにpaypayは使える?支払い方法まとめ

[PR]

佐川急便の代引き・着払いなどの支払いに、paypayは使えません。

代引きに使える支払方法は、現金、クレジットカード、デビットカードの3種類です。

着払いの支払いは、現金のみとなっています。

佐川でpaypayなどの電子マネーは使えませんが、佐川の代引きや着払いの支払いについて少しご説明します。

スポンサーリンク
目次

佐川急便の代引きにpaypay払いは使える?使えない?

佐川急便の代引きにpaypay払いは使える?使えない?

佐川急便の代引きに、paypayは使えません。

paypayなどのQRコード決済は便利ですが、佐川急便の支払いには使えません。

佐川の代引きで商品を頼む場合、現金、クレジットカード、デビットカードのいずれかを用意しましょう。

有名どころでいくと、ヤマト運輸は送料の支払いなどに一部paypayを使えるようです。

paypayを使いたい!という方は、ヤマト運輸で荷物を送るのも手です。

ただ、そのクロネコヤマトでも、代引きにあたる宅急便コレクトなどはQRコード決済対象外となっています。

代引きをpaypayで支払えるようになるのは、まだ先のようです。

代引きには、お店と配送業者の両方が関わってきます。

配送業者で電子マネーでの支払いがOKでも、商品を売るお店がダメという難しさもあります。

少しずつ電子マネーの普及が進んで、使える機会が増えると良いですね。

代引き受け取りのつもりで支払いの用意をして待っているのに、荷物が全然とどかないという時もあります。

そんなときは追跡機能で確認すると思いますが、それでも荷物の状態がわからないことがあるんですね。

追跡がうまくいかない原因についてこちらで紹介しています。

》佐川急便で追跡できない「お荷物データが登録されておりません」って何?

佐川急便で代引きに使える支払い方法

佐川急便で代引きに使える支払い方法

佐川急便の代引きでは、現金、クレジットカード、デビットカードが使用できます。

公式サイトでも、この3種類の支払い方法が使えると明記されています。

【佐川急便】お支払い方法|荷物を送る・受け取る

ここに書かれていないpaypayなどは、代引きの支払いに使えません。

現金の用意が面倒な方は、クレジットカードやデビットカードを用意しておきましょう。

VISA、JCB、マスターカード、楽天カード、イオンカード、ライフカードなど、基本的なクレジットカードは使えます。

デビットカードは、「J-Debit」に加盟している金融機関のキャッシュカードが使えます。

ただし、決済端末を使用して読み取るため、電波状況によって現金支払いになる場合もあるようです。

また、商品を送る側が現金決済のみと指定してくることもあります。

佐川急便で着払いに使える支払い方法

佐川急便で着払いに使える支払い方法

佐川急便の着払いでは、現金のみの支払いとなっています。

代引きではクレジットカードやデビットカードが使用できましたが、着払いでは使えません。

着払いの料金は、当然ですが送る物の大きさやクール便なのかどうかによって変わってきます。

例えば、東京から大阪に荷物を送る場合、100サイズの段ボールで約1500円です。

同じものを北海道に送る場合でも約2000円と、大きく変わりません。

大きすぎないものなら、数千円の支払いで済むことが多いのではないでしょうか。

とはいえ、たまたま現金が手元にないということも考えられます。

佐川急便で大きいものや遠くに送るものは、送るときに支払いをする元払いにしたほうが良さそうです。

着払いで送る場合は、現金の用意を忘れずに。

佐川の支払いで電子マネーは使えないのか

佐川の支払いで電子マネーは使えないのか

佐川急便の代引きで、paypayは使えませんでした。

ほかの電子マネーは使えるのでしょうか。

残念ながら、佐川急便の支払いに電子マネーは使用できません。

2020年3月末まで、佐川急便の代引きに電子マネー(QUICPay)が利用できたようです。

eコレクトの「お知らせ」には、QUICPay決済時の端末機の更新をきっかけに電子マネー決済を休止したと書かれています。

e-コレクト(R)QUICPay決済サービス休止のお知らせ|お知らせ

eコレクトは、佐川急便の代引きサービスのことです。

「電子マネーで支払っていたよ」という方は、使えなくなっているので注意しましょう。

どうしてもpaypayなどの電子マネーで支払いたい場合は、代引きは諦めるしかなさそうです。

専用の端末で決済する電子マネーは、活用が難しいのかもしれませんね。

代引きと着払いの違いをおさらい

代引きと着払いの違いをおさらい

代引きと着払いは、どちらも配達物を受け取った時に支払うものです。

どのような違いがあるのか、混乱する方もいるかもしれません。

大きな違いは、商品の代金を支払うのが代引き、送料を支払うのが着払いです。

代引きって?

代引きというのは、代金引換サービスのことです。

通販などで購入する商品の代金は、基本的にはお店に支払いますね。

代引きを使うと、商品を受け取ってから、配達業者に商品の代金を支払うことができます。

着払いって?

着払いは、配達物が到着してから送料を支払うものです。

荷物を送る側に負担をかけたくない場合などに利用します。

佐川急便では、代引きや着払いでpaypayが使えませんでした。

今後使えるようになれば、もっと便利になりますね。

荷物を出すときに知っておきたいこと

今回は代引きで、荷物を受け取るさいのお話でしたが、自分が荷物をだすこともありますよね。

佐川急便はコンビニと提携していないので、ぱっと送り状が手に入らなかったりします。

送り状の入手先やいちばん簡単な方法などをこちらで紹介しています。

》佐川急便の送り状が欲しい時はどこでもらう?

目次