オートバックスのオイル交換って値段は?会員だと安いの?

オートバックスでは、1,000~4,000円台でオイル交換ができます。

 

相場的には、イエローハットやガソリンスタンドに比べるとやや安めです。

 

これは、オートバックスがプライベートブランドのエンジンオイルを扱っているなどの理由があるんです!

 

今回は、オートバックスでオイル交換する時にかかる費用を詳しく紹介します。

 

また、会員登録にオイル交換が安くなる特典があることや、イエローハット、ガソリンスタンドとの費用も比較します。

 

加えて、エンジンオイルには定期的な交換が必要なことも取り上げます。

 

オートバックスのオイル交換って値段は?

オートバックスのオイル交換の値段は、工賃とオイルの値段を合わせて1,000~4,000円台です。

 

工賃

オートバックスの、オイル交換などの工賃の目安は、次のようになります。

  • オイル交換:税抜き500円~ (作業時間:15分~)
  • オイルフィルター交換:税抜き500円~ (作業時間:15分~)
  • オートマチックオイル交換(オイル代込み):税抜き6,500円~ (作業時間:30分~)
  • マニュアルミッションオイル交換:税抜き1,500円~ (作業時間:20分~)
  • ブレーキフルード交換(フルード代込み):税抜き4,000円~ (作業時間:30分~)

 

車種や店舗によって変わってきますので、詳しくはお近くのオートバックの店舗でご確認ください。

 

オイルの値段

オートバックスでは、3種類のプライベートブランドのオイルを販売しており、価格帯は1,000円~4,000円くらいで世間的に安めです!

  • AUTOBACS QUALITY AQ.SCOOP(スクープ)
  • AUTOBACS Vantage SPIRIT(ヴァンテージスピリット)
  • AUTOBACS QUALITY AQ.AVANTE(アヴァンテ)

 

それぞれ詳しく見て行きたいと思います。

 

AUTOBACS QUALITY AQ.SCOOP(スクープ)

  • AQ.SCOOP 10W30(3L)1,199円(税抜)、(4L)1,499円(税抜)
  • AQ.SCOOP 5W30 (3L)1,499円(税抜)、(4L)1,899円(税抜)
  • AQ.SCOOP 0W20 (3L)1,799円(税抜)、(4L)1,999円(税抜)

 

鉱物油をベースとして、基本性能をしっかりと押さえたお財布にやさしいエンジンオイルです。

 

車のメンテナンスを安く済ませたい方におススメです。

 

AUTOBACS Vantage SPIRIT(ヴァンテージスピリット)

  • Vantege SPIRIT 10W30(3L)1,799円(税抜)、(4L)2,199円(税抜)
  • Vantege SPIRIT 5W30 (3L)2,699円(税抜)、(4L)3,499円(税抜)
  • Vantege SPIRIT 0W20 (3L)2,799円(税抜)、(4L)3,599円(税抜)

 

硫黄の含有量を最小限に抑えたプレミアムベースオイルを採用し、高い保護性能と優れた清浄力が期待できます。

 

エンジンに保護膜を形成することで金属面の摩耗を減少させ、高い燃焼性能と保護性能を発揮します。

 

BPカストロール社とオートバックスグループで共同開発されたエンジンオイルです!

 

AUTOBACS QUALITY AQ.AVANTE(アヴァンテ)

  • AQ.AVANTE 0W20(3L)2,499円(税抜)、(4L)2,999円(税抜)
  • AQ.AVANTE 5W30(3L)2,099円(税抜)、(4L)2,599円(税抜)
  • AQ.AVANTE 0W16(3L)2,699円(税抜)、(4L)3,299円(税抜)
  • AQ.AVANTE DL1 5W30(4L) 3,899円(税抜)

 

ベースオイル(ベーシックな鉱物油)に合成油をブレンドした部分合成油です。

 

低温時の始動性や加速性能に優れた、ハイパフォーマンスなエンジンオイルです。

 

オートバックスとEMGルブリカンツ社で共同開発されたエンジンオイルです!

 

会員になると安い?

オートバックスの会員になると、オイル交換の工賃が無料になります!

 

加えて次のように、オイル交換以外の作業工賃も無料になるほかTポイントも貯まります!

  1. エンジンオイル交換:基本工賃が無料(回数制限なし)
  2. オイルフィルター交換:基本工賃無料(回数制限なし)
  3. エアフィルター交換:基本工賃が無料(回数制限なし)
  4. バッテリー交換:基本工賃が無料(回数制限なし)(※セットアップ費用は別途必要です)
  5. ワイパー交換:基本工賃が無料(回数制限なし)
  6. タイヤパンク修理:基本工賃が無料(回数制限なし)(※応急タイヤ(スペアタイヤ)とのつけ替え作業も含みます)
  7. ウォッシャー液の点検・補充:無料(回数制限なし)
  8. タイヤ空気圧 点検・補充:無料(回数制限なし)
  9. タイヤローテーション:基本工賃が年1回まで無料になります!

 

ここでオートバックスには3種類の会員システムがありますので、紹介しましょう!

 

①オートバックス会員

オートバックス会員は、「ポイント会員」「メンテナンス会員」「ゴールド会員」「プラチナ会員」の4種類があります。

 

エンジンオイルなどの作業工賃が無料になる特典は、メンテナンス会員以上で適用されます。

 

ポイント会員は登録無料、メンテナンス会員は入会費1,100円(税込み)・継続費550円(税込み)です。

 

ゴールド会員、プラチナ会員は、買い物やサービス利用によるポイントアップで達成されます。

 

②オートバックス グループ ザ カード会員

こちらは、クレジットカード機能付きカード会員で、カード会社の審査が必要になります。

 

メンテナンス会員の特典に加え、次のような特典もあります。

  • Tポイントのほかにカード会社のポイントも貯まる
  • 買い物や工賃が3%オフになる
  • ETCカードの年会費が無料になる
  • 車の事故や故障時のロードサービスを受けられる(24時間/365日)

 

③パートナーズカード会員

こちらは企業・法人向け会員なので、省略します。

 

オートバックスの会員になるには?

オートバックスの会員登録は、オートバックスの店舗で申し込みます。

 

会員登録時に車両情報を登録する必要があるため、車検証も一緒に持参してくださいね。

 

また退会はオートバックスの店舗のほか、ホームページのマイページからの手続きも可能です。

 

イエローハットやガソリンスタンドでは?

オイル交換は、イエローハットやガソリンスタンドでも行ってくれますが、オートバックスよりもやや高めです。

 

イエローハット

イエローハットのオイル交換は3,000円~7,000円で、オートバックスと同じく工賃とオイル費用に分かれます。

 

工賃の目安は次の通りです。

  • エンジンオイル交換:税抜き500円(作業時間:15分~)
  • オイルフィルター交換:税抜き700円 (作業時間:15分~)
  • オートマオイル交換(オイル代込み):税抜き3,000円 (作業時間:10分~)

 

イエローハットにも会員制度があり、会員登録するとエンジンオイル、オイルフィルター交換の基本工賃が無料になります。

 

オイルの値段はオートバックスよりもやや高めで、3リットルの鉱物油で2,000円台~4リットルの合成油で6,000円台です。

 

詳細は、イエローハットの公式サイトをご確認ください!

 

ガソリンスタンド

ガソリンスタントもイエローハットと同じくらいの値段でオイル交換してくれます。

 

会員登録すると割引が受けられるところもあります。

 

ただし、運営会社ごとに、また同じ運営会社でも店舗によって値段に差があります。

 

また予約なしで交換してくれる一方、小さめのお店ではいつも使っているオイルが置いていないことがあります。

 

オイル交換を頼む前に、値段やお目当てのオイルが置いてあるかを確認しましょう。

 

そもそもオイル交換てどれくらいの頻度でするもの?

オートバックスでは、オイル交換の頻度は次のように推奨されています。

 

5,000kmの走行、または前回交換から6か月経過(※ターボ車は3ヶ月または2,500km)

 

エンジンオイルは経年劣化しますので、乗る回数が少ない場合も定期的な交換が必要です。

 

また次のような状況(いわゆるシビアコンディション)では、オイルの劣化が早くなりますので、推奨よりも多い頻度で交換することをお勧めします。

  • 舗装されてない道路での走行
  • 過走行(1年で2万キロ以上走る場合など)
  • 山道や坂道などブレーキを多く使う場所の走行
  • 信号待ちや渋滞などで短距離運転やアイドリングが多い場所の走行

 

エンジンオイルの役割は?

ここで、エンジンオイルの役割を確認しておきましょう!

 

自動車をスムーズに動かすだけでなく、自動車のパフォーマンスを発揮させるためにも定期的な交換が必要です。

 

①潤滑作用

エンジンオイルは、金属部品が直接こすれ合うことで発生する摩擦を減らし、円滑に動かす役割を担っています。

 

エンジン内部では、金属パーツが高速運動を繰り返すため、オイルの潤滑作用が必須です。

 

②冷却作用

エンジンオイルには、金属部品の熱を吸収しエンジンを冷却する働きがあります。

 

走行中の自動車のエンジン内部は、燃焼や部品どうしの摩擦などで約2000~3000℃にもなります。

 

③密封作用

エンジンオイルは、ピストンとピストンリングの間の小さな隙間を埋め、密閉性を高めることで効率よい動きを実現させます。

 

④洗浄作用

エンジン内部は、燃焼や部品の運動によりススなどが発生しますが、これらを洗浄するのもエンジンオイルの役割です。

 

エンジンオイルを使っていると黒ずんでくるのは、この洗浄の働きのためです。

 

オイルが汚れるとエンジン部品への吸着や洗浄の働きが弱まるため、定期的な交換が必要になります。

 

⑤防錆作用

エンジンオイルは、油膜によって酸素を遮断し、各金属部品の錆つきを防ぎます。

 

エンジン内部は高温になり外気との温度差が大きくなるため、水蒸気が発生しエンジン内部が錆びやすくなります。

 

エンジンオイルに水分が混じることでエンジンオイルが酸化することも、定期的な交換が必要な理由です。

まとめ

オートバックスでは、1,000~4,000円台でオイル交換ができます。

 

イエローハットやガソリンスタンドに比べると500円~1,000円くらい安めですが、これはプライベートブランドのオイルを扱っているためです。

 

またオートバックスの会員になると、オイル交換の工賃が無料になります。

 

オイルフィルターやワイパー交換などの工賃も無料になりますので、よく使う時には会員登録しておくとお得です。

 

会員登録にあたっては、入会費は1,100円(税込み)で、継続は550円(税込み)です。

 

オイル交換の目安は、走行5,000km、または半年ですが、オイルは劣化するため、あまり乗らない場合も定期的な交換は必要です。

 

また、舗装されていない道路、坂道、アイドリングが多い都心などエンジンに負担がかかる場所では劣化が早くなります。

 

エンジンオイルには次のような働きがあります。

  • 潤滑作用
  • 冷却作用
  • 密封作用
  • 洗浄作用
  • 防錆作用

 

エンジンオイルが劣化するとこれらの働きが失われエンジンが傷んでしまいますので、定期交換を忘れないようにしましょう!

-

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.