同棲

同棲の初期費用に50万で足りる?なにに幾ら必要か書き出してみた

 

大切な人と、ついに同棲ができる!

と、嬉しい気持ちはもちろんあると思いますが
その反面、不安な思いもあるのではないでしょうか。

 

 

引っ越し費用にはどれくらいかかるの?

家具や家電をそろえるとどのくらいの金額?

最低でも貯金はどれくらいないといけないの?

 

 

お金のことばかり考えて、
ケンカが増えた…
お互いの笑顔が消えてしまう…

 

なんてことは、絶対に避けたいはず!

 

ひとつ、ひとつ解決して
2人の明るい未来に向けてサポートします!

同棲の初期費用ででかいのは家具と家電

一緒に過ごすためのはじめの準備費用で
まず頭を抱えがちなのは、家具・家電ではないでしょうか。

 

家具・家電にかかる費用は
初期費用の金額が決まる大きなポイントにもなってきます。

 

ただし、
どちらかがもうすでに一人暮らしをしていた
あるいは、どちらも一人暮らしであった

 

という場合と

 

お互いに実家暮らしからはじめての同棲

 

という場合では、
もちろん、準備するものも変わってきますよね。

 

ここでは、
『お互いに実家暮らしからはじめての同棲』
というパターンで、おはなしをしたいと思います!

 

◎まずは必要最低限のものだけをリストアップ

 

家具・家電は大きな買い物になるので
慎重にいきたいものです。

 

ここでいくら出すかによって、
初期費用をグンと下げられることも可能になってきます!

 

 

まずは、買わなければいけないもので
“これは絶対に必要!”
というものだけをリストアップしてみましょう

 

ポイントは、“これがないと困ってしまう”
と、思うものです!

 

“なくてもしばらくは我慢できるかな”と思うものは、
生活して余裕がでてきてから買い足しましょう。

 

初期費用で苦しまないためのコツですよ!!

 

 

◎こだわらなければ安く収まる!

ある程度、必要最低限のものがわかったら
次に気になるのは、もちろん値段ですよね。

 

そこで、
一般的な家具・家電の相場をまとめてみました!

 

・冷蔵庫・・・約25,000円
・電子レンジ・・・約10,000円
・洗濯機・・・約25,000円
・掃除機・・・約10,000円
・テレビ・・・約25,000円
・炊飯器・・・約5,000円
・寝具・・・約20,000円
・テーブル/イス・・・約10,000円
・カーテン・・・約5,000円
・調理器具・・・約20,000円

 

必要最低限これくらい必要かな...
というものをまとめてみましたが、
すべて必要となると、だいたい15~20万円くらいはかかります。

 

 

もし、選んだ物件に
冷暖房器具や照明器具がないということになると
その分も少し上乗せされてしまいます。

 

この中で、
家族や親戚、知人に譲ってもらえるものがあれば
もちろん、費用を抑えることはできますが
すべて一から準備しなければいけない場合には、
結構大変ですよね。

 

すべて購入しなければいけない場合の
少しでも費用を抑えるポイントは、

 

1 ・2人で使うのにちょうどいいものを選ぶこと!
2 ・新品、高価なものはガマン!

 

この2つを頭に入れて家具・家電を選んでみましょう。

 

冷蔵庫や洗濯機、テーブル、テレビは
2人であれば、そんなに大きなものは必要ないですよね。

 

 

これから2人で住む!
と思うと、どうしても新しいものやおしゃれなもので
揃えたいという気持ちも分かります。

 

でも、今は
中古でも十分に綺麗でしっかり使えるものも沢山ありますよ!

 

こうしてひとつずつ見直してみることで
出費がグッと軽減されて、気持ちも楽になってくるはず。

 

ちょっとの妥協が、
おおきく、2人の幸せにつながります!


 

 

同棲の初期費用として貯金するなら目標額を2人で決めよう

初期費用にかかるものは
もちろん、家具・家電だけではありません。

 

2人で住む部屋の契約金や、引っ越し代、
ひと月分の食費・生活費等も加わってきます。

 

ここまでくると、

“2人で一緒に生活するってカンタンなことではないんだな...”

 

と実感しているかもわかりませんが、
本当にそうなんです。

 

それでも、
一緒にいたい!という気持ちが本気であるのなら

2人で一緒に考えて、
しっかり新しいスタートに向けて備えましょう!

 

◎賃貸の入居費用はだいたい30万円

 

契約にかかる費用は、
だいたい家賃の5~6ヶ月分くらいと言われています。

 

以下に、
入居時に必要な費用をまとめてみました!

 

・敷金/礼金・・・家賃1ヶ月分
・仲介手数料・・・家賃1ヶ月分(税込)
・前家賃・・・家賃1ヶ月分
・日割り家賃・・・入居日による
・鍵交換費・・・15,000円
・保証会社利用料・・・家賃50%~100%
・火災保険料・・・15,000円

 

これは相場の金額になるので
入居するタイミングやどこの不動産業者で借りるかによって
金額の変動はでてきますが、

 

家賃を5万円と考えると
だいたい25~30万は必要ということになりますね。

 

 

最終的にいくら貯金があれば安心?

家具・家電にかかる費用と入居契約費を合わせると、
だいたい50万円。

 

ここに、引っ越し代や食費、生活費が安く抑えたとしても
10万円くらいは加わってきます。

 

そうなると、
余裕をもって2人で60~70万円くらいはあった方が良いでしょう。

 

 

結構かかるんだな...
と思うかもしれませんが、考えてみてください。

 

 

1人じゃないんです。

一緒に生活する、大切な相手がいるんです。

 

お互いのためにも、
2人でしっかりと話し合い、計画的に準備していきましょう。

何事も、はじめが肝心ですよ!

 

まとめ

同棲の準備をしていく中で、

 

お互いの価値観の違いを感じたり
今まで知ることのなかった面が見えてきたりして、

 

もしかしたらケンカすることなんかもあるかもしれません。

でも、

真剣に、一緒に生活をしたい。2人の将来を考えていきたい!

という気持ちを強くもっているなら、きっと大丈夫です。

 

ゆっくり理解しあって、いろんな発見をして、
2人で成長しながら、前向きに力を合わせていってください!

-同棲

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.