雑学

招き猫が上げている手の意味とは?右と左、違いが言えますか

縁起物として昔から広く知られている、招き猫。

 

お店に入ったとき、微笑ましい表情で、

片手を上げて『いらっしゃい』というように

迎えてくれるのをよく見ますよね。

でも、知っていますか?

 

招き猫が手をあげている意味を

そして、実は、右手と左手で意味が異なるということを!

上げている手の違いの他にもまだまだ多くある

“招き猫の手の秘密”

についてお話したいと思います。

招き猫の右手は金運、左手は千客万来

まずは、右手を上げた招き猫、

これは“金運や幸運を招く”と言われています。

 

そして、左手を上げた招き猫は、

人を招く”と言われています。

 

千客万来や縁結びを願って飾られることが多いようです。

ちなみに、

右手の招き猫=オス

左手の招き猫=メス

ともされています。

 

まさか、

こんなに違いがあったとは...

おもしろいですよね!

 

欲張りは禁物!両手を上げる招き猫の意味とは...

 

片手を上げる招き猫が主流である中、

最近は、両手を上げる招き猫を見ることも。

では、この両手の意味とは...

 

ズバリ、そのままです。

お金と人、どちらも招くというもの。

 

どちらも招くことができるなんて、

これほどうれしいことはありません!

 

これを聞いて、

“お店を開く友人にぜひプレゼントしたい!”

そう思う方も、多いのでは?

ただし、気を付けてほしいことがひとつ。

 

それは、

欲張りすぎると、結局なにも得られないということ。

この、両手を上げている姿、

欲張りすぎてお手上げになる

と、意味して嫌われることも多く

 

更に、商売の世界では“バンザイ”と呼び、

破産・倒産の意味を示すこともあります。

 

開店祝いや、記念に贈るときはできるだけ

両手を上げた招き猫は避けた方が良さそうですね。

ぜひ、

商売繁盛を願い、『左手を上げた招き猫』

を、贈ってあげてください!

 

招き猫の手が逆になる国もある

実はこの招き猫、

発祥は日本になりますが

今や、様々な国でも親しまれています!

 

アメリカでも大変人気があり

“Welcome cat”

“Lucky cat”

 

などと呼ばれ

お土産として買う方も多いんだとか。

 

アメリカの方々への

お土産用や輸出用として作られている招き猫、

実は、ちょっとおもしろいひみつが隠されているんです!

 

それは、

上げている手の向きが違うということ!

日本の場合は、

“手の平”を前に向けていますが

 

アメリカの場合は、

“手の甲”を前に向けているのです。

 

これは、

アメリカでは手の平を前に向けて招く猫の姿は

『向こうを行け!』 と、意味してしまうからなんです。

 

なので、

手の甲を前へ向けて『カモ~ン!』

といったような姿にさせているんですね。

 

国によって、

感じ方や考え方が違うのはとてもおもしろいですし

 

各国に合わせて工夫がされた日本の文化が

こうして広まっていくのも

すごく嬉しいことだな~と、感じます。

 

招き猫の手の高さにまつわる驚きの話

招き猫の手、

よ~く見てみると、まだ違いが...

 

それは、手の高さです!

 

この手の高さに隠されたひみつ、

お教えしましょう。

 

高く手を上げている招き猫は、

“より遠くから福を招いてくれる”

と、言われ

 

低く手を上げている招き猫は、

“近くの福を招く”

と、言われています。

 

そんなことを意味していたとは、

驚きですよね。

 

手の高さは、

猫の耳を基準にして見てみるとわかりやすいです。

猫の耳より上にあるか、下にあるかがポイントです!

 

ちなみに、宿泊施設などでは

“遠方のお客様も呼び寄せる”といった願いを込めて

高く手を上げている招き猫が置かれていることが多いそう。

 

招き猫を置く、場所や目的に合わせて

上手に選んでみましょう!

 

まとめ

様々な、発祥の由来をもち

江戸時代から今まで広まっている招き猫ですが、

 

手の持つ意味以外にも、

白・赤・黒といったようにいろんな色をしているものや

縁起物を持っているものなどにも

多くの意味を隠しもっています。

 

しっかり理解をしたうえで、

とっておきの招き猫を選んであげれば

きっと、素敵な幸運が舞い込んできますよ!

-雑学

Copyright© mosinaru , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.